カテゴリー: 小樽駅なかマート「タルシェ」

2021年9月20日 オフ 投稿者: aozora

2021年の十五夜は9月21日、豊作を祈る収穫祭、お月見に食べたい六美の月見まんじゅう。お月見が待ち遠しくなるお饅頭は餡のおいしさ、薄皮の微細さ、うさぎもかわいい

2021年の十五夜は9月21日、豊作を祈る収穫祭、お月見に食べたい六美の月見まんじゅう。お月見が待ち遠しくなるお饅頭は餡のおいしさ、薄皮の微細さ、うさぎもかわいい紅白のお饅頭おめでたい!赤の中に白あん月見大島饅頭は黒糖の…

2021年9月19日 オフ 投稿者: aozora

2021年の十五夜は9月21日、豊作を祈る収穫祭、お月見に食べたい六美の月見まんじゅう2021年はなんと4種類も。9月18日の夜空は月に土星、木星、フォーマルハウトと豪華

2021年の十五夜は9月21日、豊作を祈る収穫祭、お月見に食べたい六美の月見まんじゅう2021年はなんと4種類も(写真は2020年4種類) 2021年9月19日の月はまだハーフムーン 19日の夜は家でお月見、月のすぐ右に…

2021年9月18日 オフ 投稿者: aozora

「菓子舗 六美 ROKUMI」のほくほくかぼちゃ金つば、秋を感じるおすすめのおいしさ!

「菓子舗 六美 ROKUMI」のほくほくかぼちゃ金つば、秋を感じるおすすめのおいしさ! きんつばの餡が黄金色。かぼちゃのおいしさたっぷり!六美のおいしいきんつばでほっこり! 菓子舗 六美 ROKUMI 昭和6年創業小樽老…

2021年4月11日 オフ 投稿者: aozora

御菓子から感じ取る北海道の春、雪どけの時期に合わせた美しい和菓子を食べたいと六美へ

御菓子から感じ取る北海道の春、雪どけの時期に合わせた美しい和菓子を食べたいと六美へ、桜の和菓子とともにたけのこ、水温むは春の小川に桜の花びらが流れています。看板の下の菜の花や桜も美しい甘酒トリュフもおすすめこの時期限定の…

2021年1月26日 オフ 投稿者: aozora

六美のトリュフチョコが紹介、限定128セット、生クリームを使わず何回も裏ごしをしたことを感じる丁寧さ、日本酒好きにおすすめ

2021年1月26日(火)の北海道新聞朝刊を夜読んで驚き。六美のトリュフチョコが紹介されていました。ちょうど食後のデザートに田中酒造の大吟醸酒粕を何度も何度も裏ごししたことがわかるなめらかな旨さの丁寧なチョコに同じ後志の…

2020年11月22日 オフ 投稿者: aozora

11月はホッケの婚姻色をみられる小樽水族館通常営業は2020年11月23日まで、冬期営業は12月12日から

繁殖期のホッケ真っ白に黒いライン、タキシードで正装のようメスのホッケのえらの下にはきらきら輝く卵 冬期営業で観られない風景入り口からみる高島漁港ちんあなごも元気この日バスの待ち時間、水族館の前に小樽駅のタルシェで六美のた…

2020年9月26日 オフ 投稿者: aozora

1931年昭和6年創業の老舗のお餅屋さん、で十五夜セット。確かな技とともに、北海道にこだわりの味、老舗の新たな取り組みも楽しみ

1931年創業、小樽の老舗餅店六美の十五夜セットなんともすてきな月とうさぎ、六美の餡はとても上品な甘さおいしくておすすめです! 国道五号線から山側に入ると六美さんあいててよかった! 秋のディスプレイをみてお店へ 十五夜セ…

2020年4月11日 オフ 投稿者: aozora

小樽にいったら、小樽駅キヨスク隣のタルシェに寄るのが楽しみ。小樽後志のすてきな物産で溢れています。餅屋さんの六美大福ありました。

小樽にいったら、小樽駅キヨスク隣のタルシェに寄るのが楽しみ。小樽後志のすてきな物産で溢れています。餅屋さんの六美大福ありました。 かにおこわもおいしそう 醤油コーナーにはサバ醤油気になります カズチー人気のおみやげのよう…