【きゅうりの味噌漬け】その伝統の発酵文化を知り、僕は自問した。 美味しい味噌漬け作るに必要な鉄則とは何か!『熟成味噌と向き合う誠意、一年待ち続ける忍耐、そして発酵桶の如き包容力』 これは己の生き方そのものが問われる試練なのかも知れない!もしかして。

【きゅうりの味噌漬け】その伝統の発酵文化を知り、僕は自問した。 美味しい味噌漬け作るに必要な鉄則とは何か!『熟成味噌と向き合う誠意、一年待ち続ける忍耐、そして発酵桶の如き包容力』 これは己の生き方そのものが問われる試練なのかも知れない!もしかして。

2021年5月9日 オフ 投稿者: seiji
59 Views

E0rp6pYVIAIXR1N

【きゅうりの味噌漬け】その伝統の発酵文化を知り、僕は自問した。  美味しい味噌漬け作るに必要な鉄則とは何か!『熟成味噌と向き合う誠意、一年待ち続ける忍耐、そして発酵桶の如き包容力』  これは己の生き方そのものが問われる試練なのかも知れない!もしかして。

E0rp7ViUUAAR88z

僕はともかく『きゅうりの一年味噌漬け』に挑戦する。  二日間にわたり、6本のきゅうりを塩もみし水分を抜く。 数種の味噌をブレンドし馴染ませる味を決める。  保存はもちろん常温。 袋から空気と邪念を追い出し『一年後、黒光りでドスの効いた味噌漬けを北海道に持ち帰る』と硬く誓った。

E0rp72fVIAIk_Tf

それからというもの僕は、ガレージに保管した『味噌漬け』が気になって気になって仕方がない。   ①塩もみ加減は間違いなかったのか。 ②ドラ猫が味噌を舐めて逃げやしないか。 ③夏場は鈴虫さえキュウリを狙うだろう。  夜な夜な、そんな事を心配し過ぎて、気がおかしくなりそうだった。

E0rp8ZVVEAAOQlx

4日目の夜だった。  結局、人生の誓いと袋のジッパーをあっさりと破り、漬け込んだキュウリをお酒と一緒に食べた。  しょっぱくて、全く味噌が染み込んでいなかったけど、お酒のお供として、すでにいける感じだ。(言い訳として)  残りの3本を明日食べてしまう前に、仏壇のご先祖に懺悔しよう。